物件探しの達人 部屋の向きと日当たりについて

Navigation
物件探しの達人 部屋の向きと日当たりについて
物件探しの達人 部屋の向きと日当たりについて

どちら向きの部屋がよいか

人それぞれ好みは異なります。
大多数の人が好きだから、それすなわち全ての人が好きという意味にはなりません。
確かに、それは多くの人から人気を勝ち得ているかもしれませんが、全員がそれを一番だと思っているということにはならないのです。
これは賃貸のお部屋を探すときにも当てはまります。
このお部屋は人気ですよというセールストークを仲介業者さんのオフィスで聞くことがあるでしょう。
仮に、その言葉が本当であり、空き家が出るなりすぐに次の借り手が見つかるような人気の物件だとします。
しかし、それすなわち自分にとっても住み心地の良い部屋という意味になるかというと、断定はできないでしょう。
人が求めているものは異なるからですね。
この人の好きなものは異なるという点で言うと、部屋の向きも人によって好みが分かれる部分ということが出来るでしょう。
部屋の向きがという話題になると、最初に連想するのは何でしょうか。
それは多分、南向きのお部屋が好ましいということではないでしょうか。
子どもが南向きのお部屋の本当の価値を知っているとは限りません。
しかし、子どもでも南向きのお部屋はどうやら良いものだということは知っているはずです。
週末になると、新聞と共に入っているマンションのチラシや広告を目にすることがあるでしょう。
それを見ると、このマンションがどれだけ素晴らしいかが力説されています。
そして、その売り文句として良く登場するのが、「南向きのお部屋です」という一言です。
もちろん、賃貸マンションの全てのお部屋を南向きに作るのが難しいこともあるでしょう。
そもそもの建物の向きに制約があって、物理的に無理があることがあります。
それでも可能な限り、より多くの部屋が南向きになるように工夫がされます。
その結果その物件に入居したいと考えるお客さんが増えるわけですから、そのような努力を払うのも納得がいきます。
それで、部屋の広告を見ると、南向きの部屋という言葉をよく目にします。

Copyright (C)2017物件探しの達人 部屋の向きと日当たりについて.All rights reserved.